妊娠中の食事に関する注意点~避けるべき食べ物とは?~

好きな食べ物ばかり食べたらだめ!妊娠中の食事に気を遣うべき理由

妊娠しているなら食べ物には気をつけること!

栄養というのは口から摂取することが基本です。そのため食事というのはとても大事です。その中でも妊娠中の女性は食事に人一倍気をつけないといけません。毎回気にして食事を作ることが難しい場合は、宅配サービスを利用するなど、負担を感じないように工夫してみましょう。

【妊娠中の食べ物】自分で作る・宅配どっち?

自分で作る

・ちょっとした運動になる
・栄養のある食事の勉強になる

宅配サービスを利用

・作る手間が掛からない
・必要な栄養素をしっかり摂取できる

妊娠中の食事に関する注意点~避けるべき食べ物とは?~

食器

食事に気をつける理由

どうして食事に気をつけるべきかというと、食事内容によっては胎児に大きな影響を与えてしまう恐れがあるからです。もしお酒をたくさん飲んでいると、アルコールの影響で胎児の肝機能の未発達、成長の遅れ、行動障害などを引き起こす可能性があります。また、生魚や生卵なども食中毒になる可能性があるため危険です。

料理

妊娠中に食べるべき食材

では妊娠中、何を食べたら良いのかというと、緑黄色野菜・玄米や胚芽米・海藻類・大豆食品などが良いとされています。健康な赤ちゃんを生みたいなら、健康的な食生活をすることが必要なんです。でも、栄養価が高いからといって過剰摂取すると、かえってマイナスに働く恐れもあるので適度な量を摂取しましょう。

食事

栄養補助食品の力

栄養というのは、全て一緒に摂取するとなると食事量も多くなる可能性があります。かと言って食事を少なくして栄養が少ないと、胎児にも良くありません。そういった時にオススメなのが栄養補助食品です。特に子供の成長で大事なのが骨です。骨の成長が遅いと、ちょっとしたことで骨折することがあります。食事だけで栄養を補えない場合は、栄養補助食品を摂ることで、骨の形成に欠かせない栄養素を十分に摂取することができるんです。

すべては生まれてくる赤ちゃんのために!

妊娠中の運動も食事も、すべては赤ちゃんのためです。栄養をバランス良く摂り、適度に運動すること忘れないでください。産婦人科の先生に何が赤ちゃんに良い行動なのかアドバイスを聞くのも大切ですよ。

広告募集中