施工を頼める

どのようなリフォームを行うかで選ぶ業者の種類も変わる

庭園工事なら外構業者やて造園業者を呼ぶことになりますし、壁紙などのインテリアの変更は内装業者や工務店などが得意としています。またキッチンのリフォームならば住宅設備会社などが施工を行えます。 このようにどこで、どのようにリフォームを行うかによって依頼をする業者も変わってきます。逆に言えば、どのような箇所でも施工を行えるだけの事業者が存在していることになります。住宅全般のリフォームを扱える業者から、特定設備を専門とする業者まで揃っています。

大規模改築から一部設備の更新まで

ハウスメーカー系やデベロッパー系などの大手となると、大規模な増改築が頼めます。また設計事務所も新築を手がける関係で、やはり大希望な増改築を得意としています。同様にリフォーム専門店も、増改築の施工を依頼できます。 住宅設備会社や部品メーカー系の工事店ならば、自社の扱う住宅設備を用いたリフォーム工事を行っています。例えばオール電化工事や、キッチンリフォームなどです。電気やガス、水道関連の設備工事店もやはりそれぞれの関連した設備のリフォーム工事が依頼できます。水道関連の業者ならば、水周りに関しての施工を頼むことが可能で、キッチンやトイレの設備更新ができます。 リフォーム工事はこのように非常に幅広い商品があり、それぞれの業者ごとに得意とする工事が違います。